活動終了のお知らせ。

2014年3月に結成し、2017年1月から安藤大志のソロプロジェクトとして活動してきた Cramer× Cramerですが、2018年8月18日に開催したチャリティーワンマンライブを最後にCramer×Cramer、安藤大志としての活動を終了させて頂くことになりました。





僕、安藤大志の個人的な音楽との出会いで言うと、12歳からアコースティックギターを弾き始め約13年半もの月日が経ちました。


卒業式にサプライズで登場して感動的な歌で卒業生が涙を流すほどの歌を歌っているアーティストの姿をニュースで観て、とてつもない衝撃を受け"自分もそんな歌を歌える人になりたい!!"という思いのもと今まで歩んできました。


そして、

Cramer×Cramerを結成した当初から活動を行なっていく上で、期限とそれ以上音楽活動を続けていく為には自分なりに条件を決めて活動を行なってきました。



簡単にいうと、その条件を果たせなかったというのが理由になります。


今回のクラウドファンディングの挑戦でも、たくさんの方にご協力頂き、たくさん方に応援して頂いた中でこのようなご報告の形になってしまい本当に申し訳ないです、、。



前もって決めていたことは限られた方にしか話していなくて、最後のライブだからという告知はなんかあんまりしたくなかったということもありました、、



本当はライブの中でも言わないつもりだったんですが、せっかくたくさんの方に感謝の気持ちを直接伝える場があるなら、ごめんなさいじゃなくて、ありがとうと感謝の気持ちを伝えたい!と前日に思い、ライブの中でご報告させて頂きました。



今回のライブ、様々な事情で会場に来て頂くことができなかった方で次は行きます!と言って頂いていた方には本当に申し訳ないです、、。
言いたかったけど言えなかった、、



ただ、今回のクラウドファンディングでの挑戦を通して、たくさんの方のおかげで本当に幸せな時間を過ごすことができました。



そして、たった1人の思いからでも誰かの支えや、誰かと一緒に目標に向かって進むことができればこんなに素敵なことができるだぞ!という証明になったんじゃないかと思います。



今回の挑戦が誰かの何かに挑戦するキッカケになれば嬉しいです。









音楽を通してやってみたかったこと。


◎自分の作った曲、歌で人に感動を与えること。

◎自分の音楽で世の中の役に立ちたいという思い。




昨日のライブでは、


涙を流しながら聴いてくださった方もいました。







そして、一緒に共演してくれた子どもたち、そしてたくさんのゲストの方々。


僕がずっと感じさせてもらってきた音楽で自分を表現をすることの楽しさを本当に感じてもらえたんじゃないかと思っています。



そして、"子どもの居場所づくり"、"夕刻を支える場"という活動があること。
子どもたちの為に一生懸命活動されている大人がいること。



いつも、お世話になってばかりだった"夕刻を支える場"を今度は自分のライブという場で発信できたこと。




















たくさんの方のおかげで、
両方達成できたと思います。






















たくさんの方に夢を叶えさせて頂きました。




























夢って叶うんだなぁ〜























ただ、そこには絶対に誰が関わってくれているってことも学ばせて頂きました。



















まだまだ書きたいことなんて13年半も振り返れば山程ありますが、
書ききれないのでこれで終ろうと思います。





































12歳だったあの頃の僕は、たった一人で最低な形で人生を終わらせようとしました。











































26歳になった僕は、たくさんの方に支えられて音楽活動を最高の形で最後を迎えることができました。

































本当に本当に本当に


































本当に本当に本当に本当に



























本当に今までありがとうございました。

Cramer×Cramer 安藤大志

0コメント

  • 1000 / 1000